カテゴリー: 高血圧

2023/01/28

生活習慣病の治療中断による再出発(再治療):再掲と追記

今月になり、昨年春から夏を最後に未受診となって、症状・病態悪化で再受診となる患者さんが多くいらっしゃいました。
実は、当院は3ヶ月以上の未受診患者さんのリストを作成し、院長の私はご連絡しようかと、いつも悩みながらリストをみています。
受診する・しない、は患者さん個人の選択なので、強制的に受診させるような権限はございません。
でも、血圧コントロールのために必要な血圧の薬を飲まずにそのまま過ごすと、高齢になればなるほど心不全や脳出血、腎疾患(腎臓は一度機能が低下すると元に戻りにくいです。)などの重篤な状態に陥る頻度が高まります。また、糖尿病という病態も同様に、定期的なメンテナンスをしないと症状が出た時はそれなりの状態になっている事があります。

過去に生活習慣病の治療中断による再出発という記事を書きました。
将来のご自身のために、啓発という意味も込めて、再掲しようと思います。

ここ最近、
以前治療していたが、引越しや転勤、コロナ不安、もういいかなという心情で継続治療を中断し、検診などで悪化を指摘され再受診となる患者さんが増えてきています。
医療者は患者さんが継続通院しなくなることをlost follow(ロストフォロー)と言います。
特に、糖尿病、甲状腺疾患、高血圧は症状が悪化するまで病状進行に気が付きにくいため、lost followになってしまうと腎機能や心機能の悪化などの合併症が生じてしまっていることが多々見受けられます。
再治療は患者さん自身、そしてわれわれ医療者にも大きな負担(精神的にも、時間的にも、費用的にも)となります。
継続治療は高齢化社会において、いかに臓器を若々しく保たせ、自分らしく生活するために必要なことの一つです。

もう直ぐ春になると転居/転勤の時期になります。どうぞ、lost follow せず継続治療を行ってください。

厚生労働省と日本糖尿病協会が協力して制作した糖尿病啓発冊子 「糖尿病の治療を放置した働き盛りの今」という冊子があります。不安を刺激して通院してもらおうということではありません。自分の健康に目を向けて頂きたいという気持ちです。

https://www.nittokyo.or.jp/uploads/files/enlightenment_2020.pdf

数十年後の自分を想像しながら継続治療を行っていただければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=BfV8ttQYElA

2022/12/11

冬はお塩の取り過ぎにご注意を

とうとう朝は10度を下回ってきましたね。
鍋やおでん、汁物の美味しい季節になってきましたね。
以前、冬に血圧が上昇するメカニズムの話をしましたが、今回は塩分摂取量についてお話ししようと思います。

https://nakahara-naika.com/blog/category/highbloodpressure


みなさんもご存知と思いますが、


塩分が同じ場合、私たちの舌は
温度の暖かいと薄く感じ、冷たいと濃く感じるようになっております。


暖かい鍋や汁物が食事に出てきますが、薄いと感じていても、実は塩分が結構含まれているという落とし穴がございます。ご注意くださいませ。

2022/10/30

冬になると血圧上昇します。ご注意ください。

なからは内科クリニックに定期受診している患者さんに対して自宅での血圧測定を推奨しています。
スタッフ一同、リラックスした環境を提供しようと勤めておりますが、やはり、クリニックという環境では緊張して血圧が上昇してしまうことがあり、そのような白衣高血圧症との鑑別を高血圧の診断・治療では必要であるので家庭血圧の測定をお願いしています。

10月中旬から朝の気温も10度前後になることもあり、定期外来の患者さんの家庭血圧が上昇傾向にあるようです。

なぜ、寒くなると血圧が上昇するのでしょうか?

とよく質問されます。

気温が低下していくと、体温を外部に逃げない(放熱しない)ように、細い血管(末梢血管)が収縮します。
収縮すると血管内腔が小さくなり、血液を手足に送るために大きな力が必要になります。これを、末梢血管抵抗が大きくなる、といいます。末梢血管抵抗が高まるため、血圧が上昇するのです。

一般的に、夏と比べ冬は収縮期血圧(上の血圧)が7~10mmHg上昇すると言われています。

人によってはもっと変化する人もいます。この変化のタイミングが人それそれ違うので、家庭血圧測定を当院では推奨しているのです。

夏に内服を中止し、生活療法のみで治療していた患者さんが当院に多数います。しかし、気温低下とともに、特に朝の血圧を適切に保つために内服を再開することが多くなってきたように感じます。

なかはら内科クリニックに1-2年以上通院している患者さんは、血圧手帳が第5分冊目くらいになっており、ご自身で血圧の解釈ができるようになってきました。
去年はこの時期に高くなってきたとか、去年はコロナ太りで昨年以上に血圧が高かったとか、今は生活に配慮し、内服している薬剤数が昨年の今より2剤から1剤のみになったとか、いろいろ気づきがあるようです。

よく、巷では内服が始まったら一生だ。

と囁かれているようですが、一部の病態を除いて、そうではないんだということを説明していますが、当院の患者さんは、そのことを実感しておられるようです。

冬は血圧が上昇してきます。特に夜よりも朝の方が血圧が高い傾向にある人は要注意です。
塩分・飲酒量、睡眠の質などのの見直しが必要です。

それでも改善しないときは、いつでも当院スタッフにご相談ください。


#高血圧 #なかはら内科クリニック #冬に血圧高い #武蔵中原  #元住吉  #武蔵小杉

2022/07/02

暑い夏におすすめ自宅でフィットネス

コロナで在宅時間が増えてきた、運動したいけど暑くて外に出れない。。。
そんな方の選択肢として


Fit-eNce Home

というものがあります。
ゴムチューブとアプリで運動を管理し、月に1度パーソナルトレーナーがつくというサービスです。
椅子と一畳程度の広さがあれば行えました。

2022/06/25

再掲:夏の日常生活における水分と塩分の摂取について:熱中症予防と高血圧管理の観点から:再掲

本格的な夏の到来です。
メディアで「熱中症予防のために塩分摂取を!」という内容を目にすることがあります。

しかし、日本人の食塩摂取量は平均1日10グラム程度で,1日における塩分必要量をはるかに超えています。
高血圧の人は,原則として夏でも適切な減塩が必要で,1日6グラム未満が望まれます。

血圧が正常な人も高血圧の人も,水分は十分に摂ることが望まれます。環境省の熱中症予防情報サイトでは,1日当たり1.2リットルを目安としたこまめな水分補給を推奨しています。

詳しくは、日本高血圧学会のHPをご参照ください!
https://www.jpnsh.jp/general_salt_01.html

ttps://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000205703.pdf

水分摂取量の目安

2022/06/10

CPAP療法士 合格

当院で重症の睡眠時無呼吸の患者さんの相談が増えてきました。
実際にCPAP治療をおこなっている患者さんも多数おられます。
そんな背景があり、循環器専門医や高血圧専門医でも治療をカバーできますが、
より知識を深めようと一般社団法人 日本睡眠総合検診協会が主催する、CPAP療養士の勉強をして資格を得ることができました。
当院は患者さんの症状改善が良く、継続率が高い傾向にあります。
今後、睡眠時無呼吸症候群で困っている患者さんに適切な治療をより深くできればと考えております。


2022/06/01

血圧計迷ってしまう方へ

外来診療をしていると、どの血圧計を購入すれば良いのかと相談されます。
先日、参考になる記事があったのでリンクを提示いたします。

https://osusume.mynavi.jp/articles/1014/

医療機器基準に基づいた血圧計を準備することをお勧めします。

https://www.std.pmda.go.jp/scripts/stdDB/kijyun/stdDB_kijyun_resr.cgi?Sig=1&kjn_betsunum=3;kjn_no_parm=36;kjn=ninsyou&ID=1300036

2022/02/23

院長が協力した論文が発表されました.

院長が協力した論文が学術誌:Renal Replacement Therapyで発表されました.

透析患者の動脈硬化進展の表現である大動脈石灰化の進展度合い解析すると、
大動脈石灰化が強くなるほど、心血管疾患だけでなく、感染症や栄養失調に関連する死因が増大することを示した研究です。

検診で大動脈に石灰化を指摘される患者がおられます。
その石灰化の量が増大するほど心血管疾患による死亡率が上昇するというメッセージです。
動脈硬化症が進展してしまうと石灰化の状態になります。
動脈硬化症予防は血圧・脂質・血糖・体重コントロールです。もちろん、禁煙もしなければなりません。
血管含め臓器を若々しく保ちながら加齢していければいいですね。
なかはら内科クリニックは高血圧だけでなく糖尿病専門クリニックでもあります。
糖尿病の血糖コンロトールだけでなく血圧・脂質管理をすることにより、糖尿病の最大の合併症である透析療法を回避すべく、日々患者さんと共に頑張っております。

https://rrtjournal.biomedcentral.com/articles/10.1186/s41100-022-00394-8

2022/01/30

高血圧症の血圧計の数字上の管理について

久しぶりにコロナ関連でないことを書こうと思います。
本当は趣味であるカブトムシやクワガタの飼育や最近、子供と取り組んでいることを書きたいのですが、日々刻々と変化する医療情勢に時間を取られてなかなか、書けません。。。
ご家族でギラファノコギリクワガタを幼虫から飼育してみたいという方がいらっしゃいましたら、お声がけください。
ところで、本日は

「なかはら内科クリニック」

の得意とするものというお話をしようと思います。
多数専門医資格を持っていますので、いろいろ得意分野はございますが、その中で罹患率の高い高血圧症について。
特に

高血圧症の数字上の管理

についてお話ししようと思います。

結論から申し上げると

一般的に血圧は低ければ低いほどいい。

です。
家族などに高血圧症がいる。血圧を測定して、わかっちゃいるけど自分がなってしまった時にどう対応していいかわからない代表的な病気の一つと思います。
だって、症状ないし。数字だけ測ると高いので数字で病名がついている印象?
そう感じている患者さんが大多数ではないのでしょうか?
今、日本は高齢化社会に突入しております。そして、医療を等しく受けることができ、生活(生命?僕たちはクオリティオブライフ:QOL)の質を考えなければ、いろいろな意味で長生きすることができる状況と考えられます。
生活の質って?高血圧・糖尿病・脂質異常症などは症状がでません。でるのは10-20年後に脳梗塞や脳出血、狭心症や心筋梗塞として症状が出てしまいます。よく生命保険加入の際に、3大疾患として取り上げられているのはこれらです。つまり、健康を害して生活の質が著しく低下してしまうからです。

血圧は血管に加わる圧力です。

心臓が1分間に60〜70回の脈拍を打っているとすると、

1日で86400~100800回脈拍を打っている。
ということになります。
想像してみてください。
血圧が高いと体に血液を送り出す心臓と血管に、その脈拍数だけ負担をかけているような感じ。

腕立に例えるならば背中におもりを乗せてた状態で筋トレしている感じ?

バテますよね。。。


それを心臓に当てはめると筋肉の臓器である心筋が肥大して

心肥大→心不全

血管だと血管が拡張して動脈瘤

そして、

血管がこすれて動脈狭窄→閉塞になる狭心症・心筋梗塞、脳梗塞
圧力が加わりすぎて破裂する 脳出血

なので、

血圧は低ければ低いほどいい。

なのです。
さらに、

血圧変動はない方が好ましい。

年末年始にいつもより血圧が上昇した。と相談を受けることが多々あります。

1日を通して、そして、年間を通して血圧を低め安定する。

当院では、そのために食事指導や運動療法を積極的に患者さんに指導しています。

それでも、血圧が上がってしまう場合は、
冬だけ薬に助けてもらって1年間の変動をないようにする。
というようにしています。

なかはら内科クリニックで初夏から秋にかけて血圧コントロールが良く、生活療法のみという患者さんが多数いらっしゃいます。


栄養士、看護師さんたちが一生懸命患者さんの実生活を考え、気付きを与えてくださり、患者さんの行動変容が徐々に行われていっている証拠でもあります。

先生、血圧は生活だけでコントロールできてしまうよね。

って半年も通院する患者さんに言ってもらえた時。
僕は心の中でガッツポーズをしているわけです。
もちろん、そんな患者さんは通院間隔も長いし、好循環。

一方で内服していないと血圧が安定していない患者さんもいます。
コロナの影響で在宅で運動不足、塩分が大好き、飲酒大好き、仕事が忙しい、
理由は多数あります。
我々は行動変容できる機会が来るまで、忍耐強く待っています。
でも、高血圧に伴う合併症が出ないように、年間通して血圧を安定できるよう、原因に基づいた内服薬を選択して使用してもらうようにしています。

高血圧を専門にしている院長は大のラーメン好き。
月に一度はご褒美と称して
武蔵小杉界隈のラーメン屋に出没しています。
いつも、塩分制限しましょうねといっている身からすると、矛盾していますよね。
でも、人間ですもの。
時にはOK。
お誕生日などの祝い事、年末年始、会社の行事
当院はそういった日は思う存分気にせずに楽しんでくださいとみなさんにお伝えしております。
あれもダメ、これもダメとは言いません。
もちろん、患者さんに対して健康に関して叱ったり、ダメ出し医療は一般的には行いません。
我々は患者さんの生活を通して健康に対する気付きを期待し声かけをして、ほんの小さい意識の変化や生活行動の変化が起こってくれればと思いながら診療をしています。
オンオフをしっかりして、ダラダラ続けない。
血圧を低く、値の振れ幅を小さくしていく。
そんな生活をしていっていただければと考えています。






2021/10/31

二次性高血圧症について

先日、高血圧専門医として日本高血圧学会に出席いたしました。
当院でも一定数いらっしゃる、高アルドステロン症や境界域アルドステロン症、MR関連高血圧症についての発表が印象的でした。
当院でも若年成人発症の高血圧や多種類の薬剤を内服していても血圧コントロールに難渋している高血圧症の患者さんがなかはら内科クリニックに相談に訪れます。
その際に、必要に応じて高血圧専門クリニックならではの二次性高血圧の検査を実施しております。

二次性高血圧とは?

高血圧の大半は生活習慣や遺伝要因による発症する本態性高血圧ですが、中には他の疾患が原因で血圧が上昇する二次性高血圧があります。高血圧患者さんの10〜15人に1人程度が二次性高血圧であると言われていますが、実際に二次性高血圧と診断されている高血圧患者さんはそれよりも少なく、二次性高血圧の多くが本態性高血圧として治療をされているのが現状です。二次性高血圧の診断が重要である理由は、その原因となる疾患に対する治療を行うことで高血圧や高血圧に伴う合併症が改善する可能性があるためです。高血圧は長期間治療薬を飲み続ける必要がある生活習慣病であり、その初期段階で二次性高血圧を発見し適切に治療することは極めて重要なのです。

なかはら内科クリニックの治療スタイル

なかはら内科クリニックでは、患者さんの病歴や生活歴を細かく聞いて、必要に応じてスクリーニング検査を実施いたします。中には今まで内服治療をしていたけど、当院に相談し睡眠時無呼吸症の診断となり、薬物治療でなく、CPAP治療で血圧コントロールが可能になった患者さんや、そもそも、体重が問題であり、体重減量することにより薬やCPAPもいらなくなった患者さんもいらっしゃいます。
血圧という指標は一つですが、原因は患者さん一人一人違います。
その原因を見定めて治療することにより、血圧コントロールを図るのです。
冬は気温が下がり、血圧コントロールに難渋する季節でもあります。かかりつけの患者さんと話し合い、どのように自分らしい生活を保ちながら血圧コントロールしていくか決定していければと思いながら診療しています。


©医療法人社団ミネルバ なかはら内科クリニック