院長からのお知らせ

2021/02/14

糖尿病 被災時の対処法

災害時の対応に備え、日本IDDMネットワークにインスリンを使用している患者さん向けのサイトがございます。ご参照して下さい。

2020/07/10

定期外来と発熱外来の診療時間時間のお知らせ:改定

<定期外来の患者さん,発熱・咳・腹痛・下痢などの風邪症状のない方>
午前の受付  9:00 〜 11:00
午後の受付  15:00 〜 17:30

土曜日の受付 9:00 〜 12:00

発熱、咳、関節痛や倦怠感が続く方は、以下の時間帯に受診していただくことをお願いします。

<発熱・咳・腹痛・下痢などの風邪症状のある方>
午前の受付  11:30〜
午後の受付  18:00〜

土曜日の受付 12 : 30〜

2018/09/06

災害時の備え追記

台風や地震等の災害が立て続けに起こっています。一般的な災害の備えの他に、お薬手帳を準備する事をお勧めします。特に、インスリン依存状態の患者や心房細動やカテーテル治療後に血をサラサラにするお薬を使用されている患者様は予備のお薬やお薬手帳が重要となります。

2018/09/01

災害時の備え

防災の日を期に、災害時の備えを確かめましょう!特にインスリンが必要な患者さんに関しましては、日本糖尿病協会から「災害時ハンドブック」や 「インスリンが必要な糖尿病患者さんのための災害時サポートマニュアル」など有用な情報がございます。是非、この機会に確認してみてください。
詳しくはコチラ→

2021/02/24

花粉症の外来について

明らかな感冒症状や発熱がなく、花粉症状を自覚する場合は一般外来へお越しください。

2021/02/19

コロナワクチンの接種順位について

最近報道されていますように、接種順位の考え方が厚生労働省から発表されております。

詳しくは下記をご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000740875.pdf

2021/02/19

コロナワクチンに関する基礎疾患の定義について

なかはら内科クリニックは高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病でかかられている患者がたくさんいます。今週になって基礎疾患の定義について質問を受けることが多くなったのでここに記載いたします。

基礎疾患を有する者の範囲については、審議会において現時点の科学的知見等に基づいて検討され、現時点では以下の範囲と
することとされている。今後、国内外の新たな科学的知見等も踏まえ、同部会で検討し見直すことがある。
(1) 以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
1.慢性の呼吸器の病気
2.慢性の心臓病(高血圧を含む。)
3.慢性の腎臓病
4.慢性の肝臓病(肝硬変等)
5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
7.免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11.染色体異常
12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
13.睡眠時無呼吸症候群
(2) 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方

詳細は以下の厚生労働省のリンクをご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html

2021/02/10

院長の論文が紹介されました。

国際学術誌のThe International Journal of Cardiovascular Imagingに院長の論文が紹介されております。

https://link.springer.com/article/10.1007/s10554-020-02055-5

2021/02/05

休診のお知らせ

3月13日(土)

諸事情により、誠に勝手ながら休診とさせていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

2021/02/04

院長が協力した論文が発表されました.

院長が協力した論文が日本内科学会の学術誌で発表されました.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/advpub/0/advpub_6511-20/_article/-char/ja/

2021/01/29

フリースタイルリブレ最新情報

なかはら内科クリニックでは主に1型糖尿病の血糖値測定にフリースタイルリブレを使用しております。
現在、AbbottのサイトにリブレViewというクラウドで血糖管理ができるツールがあります。

https://www.myfreestyle.jp/patient/support/libreview/

今回、さらに2月9日にリブレリンクというアプリがリリースされます。

スマホで血糖値を読み取ることが可能となり、また、その精度が改善されるようです。

スマホからご自身のリブレViewアカウントに自動的にUPLOADされ、血糖管理ツールであるリブレViewでクリニックと共有することも可能になります。

詳細はクリニックにご相談ください。

2021/01/29

Apple Watch: 心電図アプリケーション

 先日、Apple Watchに心電図を評価できるアプリケーションが公開されました。不整脈が検出された際にはご相談ください。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/01/ecg-app-and-irregular-rhythm-notification-coming-to-apple-watch/

今まで動悸を自覚されていた患者さんが、このアプリケーションを使用することで心房細動が検出される可能性がございます。

Apple Heart Studyによると
「不整脈の通知を受け取った参加者では,34%にその後の ECG パッチで心房細動が認められ,通知の 84%が心房細動に一致していた。」
ということです。

https://www.nejm.jp/abstract/vol381.p1909

心房細動は脳梗塞が重症化しやすいということが問題となります。

https://www.oshiete-shinbousaidou.com/risk/stroke.html

下記のリンクで
ご自身の脳梗塞発症率を計算することができます。
          ↓

https://calculator.qlifepro.com/chadsvas.html

必要に応じて抗凝固薬やアブレーション治療を要します。
不整脈が検出された際には際には、いつでもご相談いただければと思います。


2021/01/23

発熱外来における新型コロナウイルスに対するPCR検査・抗原検査の対応について

発熱患者さんが必要に応じてPCR検査を受けられない実情を踏まえ、かかりつけ患者さんならびに地域の人の為にそのような不安を解消すべく、当院スタッフの多大な協力のもと新型コロナウイルスに対するPCR検査・抗原検査を実施する運びとなりました。

新型コロナウィルス拡大に伴い、神奈川県では感染症予防対策を行っている施設において、神奈川県からの委託業務としてPCR検査 を施行しております。

なかはら内科クリニックでも、新型コロナウィルス感染症流行時当初より、発熱がある方、感冒症状のある方等を発熱者外来として、一般診療と時間的隔離を行い、感染症予防対策を取ったうえで診療を行っております。当院では患者さんの症状に応じて、必要に応じて委託業務としてPCR検査を行っております。公費負担のためPCR検査自体は患者さんの費用負担となりません。

無症状(不安だからという理由や学校・職場から検査受けるよう指示のあった方)の自費診療によるPCR検査は実施しておりませんのでご了承ください。

保険診療(公費負担)に関して

PCR検査発症9日目までの場合で、医師が新型コロナウィルス感染症を疑う場合、もしくは下記に該当する場合に検査に係る費用は、公費の負担となります。

・診察にて医師が明らかに新型コロナウィルス感染症 を疑う症状の方
・症状が揃わなくても、高齢者や基礎疾患をお持ちの方
・濃厚接触の認定を行政よりされている方
・接触確認アプリCOCOAでの接触通知を受けている方

上記に該当されない方は公費負担でのPCR検査を行うことはできません。

結果は1~3日で判明します。

唾液法検査に検査に関しての注意点

・検査には2mlの唾液が必要となります

・採取1時間前から検査まで飲食(ガム・のどあめ含む)、うがい、歯みがきをしないでください。

<発熱外来>

平日
11:30-12:00 
18:00-18:30
土曜
12:30-13:00


©なかはら内科クリニック