院長からのお知らせ

2022/04/04

再掲:発熱外来は予約制になりました。

予約は発熱外来当日朝9時前後に開きます。

発熱外来は予約制になりました。
受診当日朝に予約して来院してください。
ご自身で抗原検査・PCRを受け陽性反応であった場合、その結果をご持参ください。写真でも構いません。当院での検査を省略することができます。

受診希望の方は以下からアクセスしてください。

https://www.489map.com/helios/A9096791/reserve

当院の発熱外来受診するにあたり、患者間、患者−医療者間の感染予防の観点から、サージカルマスク(不織布マスク)での来院をお願いしております。
ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

2022/02/07

3回目コロナワクチン予約・接種について(2022.1.20更新)

先日川崎市から3回目の新型コロナワクチン接種に関する情報が提示されました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-2-0-0-0-0-0.html


これを受け、当院でも2022年2月1日から3回目の新型コロナウイルスワクチン接種を行う予定です。今回はどなたでもご希望に応じて当院で接種できるようにしております。
予約は1月14日から開始されます。
今回の予約は当院の窓口ではなく、当院での予約窓口は川崎市になりますのでご注意下さい。
高齢者に関しては2回目接種後7ヶ月目に接種券が届くようです。
以下接種券のの予定です。(川崎市からの転載)
はじめ、クリニックではファイザー製を使用し、春過ぎからファイザーとモデルナを選択できるようになるようです。

接種券の発送スケジュール

2回目接種後、8か月を経過するタイミングに合わせて、接種券を発送します。

2回目接種を
受けた時期
追加接種が
可能な時期 
接種券の
発送予定時期
 令和3年4月まで令和3年12月以降  令和3年11月19日(発送済み)
 令和3年5月 令和4年1月以降 令和3年12月17日(発送済み)
 令和3年6月 令和4年2月以降 令和4年1月14日
 令和3年7月 令和4年3月以降 令和4年2月
 令和3年8月 令和4年4月以降 令和4年3月

以降、順次発送する予定。

当院での予約に関して

①接種券入手
川崎市で予約(電話もしくはネットでの予約)
(以下一部川崎市から転載)

原則として、接種日に川崎市に住民登録のある方が対象となりますが、かかりつけが川崎市で市外から受診している患者さんのようなやむを得ない事情がある場合は、住民票所在地以外でも、ワクチン接種を受けることができます。

川崎市外に住民票のある方が、川崎市内で接種を希望される場合、予約サイトを使用するためには、川崎市が発行するIDが必要になりますので、予約コールセンター(0120-654-478)までお電話ください。

厚生労働省の接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ外部リンク」をご確認いただき、住所地外接種の届出が必要な方は、申請してください。

<川崎市外にお住まいの方が
当院で接種を希望される場合>

川崎市外にお住まいの方が当院で接種を希望される場合は以下のサイトにて住所地外接種登録が必要になります。
【コロナワクチンナビ(住所地外接種届)】 
https://v-sys.mhlw.go.jp/application/change-region.html
ここで申請してください。
申請理由:その他:かかりつけ医  と入力
印刷またはスクリーンショットしたものを用意し、
16時までに川崎市予約コールセンター 0120-654-478に電話し、市外から予約したい旨を伝えてください。
翌日13時以降にWEBもしくは川崎市予約コールセンター0120-654-478に電話して予約してください。
65歳以上:2回目接種7ヶ月後から予約可能
65歳未満:2回目接種8ヶ月後から予約可能
とのことです。

*事前に登録後、印刷またはスクリーンショットしたものを接種当日受付にご提示ください。

③<接種当日>

・接種券、予診票、本人確認書類(保険証、運転免許証など)をお持ち下さい。
・ご自宅で体温を計り、予診票に記入してお持ち下さい。
 その際、「新型コロナワクチン説明書」を必ずお読み下さい。
・当日接種する際には、半袖(肩が出しやすい服装)でお越し下さい。
・接種後、15分~30分ほど院内にて体調不良などがないか様子を見させていただきます。

予約コールセンター(電話)での申込み

新型コロナウイルスワクチン予約コールセンター 電話番号0120-654-478

FAX 044-953-6339 ※耳の不自由な方のお問い合わせ用

予約サイト(インターネット)でのお申込み
予約サイト

https://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000135508.html

追加接種は、2回目接種から8か月以上経過した方が対象となります。
2回目接種から8か月以上経過した日時の予約をお取りください。

【ご注意ください】
予約システムの推奨ブラウザは、Google Chrome・Safari・Microsoft Edge・FireFoxの最新バージョンです。Internet Explorerには対応しておりませんのでご注意ください。

予約サイトでの対応内容

接種予約の受付、変更、キャンセル

予約サイトの利用方法

ログインには接種券の右上に記載の「ログインID」と生年月日(西暦)の8桁が必要です。
接種券がお手元に届くまで、お待ちください。

予約サイトで作成される予約票は、ご自身の控えとしてご利用ください。

2020/07/10

定期外来と発熱外来の診療時間時間のお知らせ:改定

<定期外来の患者さん,発熱・咳・腹痛・下痢などの風邪症状のない方>
午前の受付  9:00 〜 11:00
午後の受付  15:00 〜 17:30

土曜日の受付 9:00 〜 12:00

発熱がある、もしくは数日以内に熱があった・咳・胃痛・腹痛・下痢などの症状のある方は、
以下の時間帯に受診していただくことをお願いします。

<発熱・咳・腹痛・下痢などの風邪症状のある方>
午前の受付  11:30〜
午後の受付  18:00〜

土曜日の受付 12 : 30〜

2022/05/21

日本糖尿病療養指導士 合格!!

【お知らせ】日本糖尿病療養指導士 2名合格!!

令和3年度 一般社団法人日本糖尿病療養指導士認定機構 の日本糖尿病療養指導士に当院スタッフ2名が合格しました!
当院で糖尿病患者さんが増えている状況の中で、優秀なスタッフが、日々研鑽をかさねてきた結果です。
スタッフ皆が高度な医療を大切な患者さんに還元したいという思いが実りました。
本当に、嬉しいです。
合格おめでとうございます!!

当院では日本糖尿病療養指導士 4名が在籍し、日々の診療に携わっています。
医師だけでなく、看護師・栄養士にも健康相談してみては如何でしょうか。
自分に合った生活療法が見つかるかもしれません。

CDEJ(日本糖尿病療養指導士)とは
Certified Diabetes Educator of Japan; CDEJ

CDEJ (日本糖尿病療養指導士)とは、
糖尿病治療にもっとも大切な自己管理(療養)を患者に指導する医療スタッフです。
高度でかつ幅広い専門知識をもち、患者の糖尿病セルフケアを支援します。


この資格は、一定の経験を有し試験に合格した看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士に与えられ、2001年3月に第1回認定試験が行われました。
CDEJに認定されることは、糖尿病の臨床における生活指導のエキスパートであることを意味します。
糖尿病患者の療養指導は糖尿病の治療そのものであるとする立場から、患者に対する療養指導業務は、わが国の医療法で定められたそれぞれの医療職の業務に則って行われます。
米国、カナダ、オーストラリアなどでは1970年代の初頭より、糖尿病療養指導従事者の専門性と認定について検討され、1986年には資格としてCDE(Certified Diabetes Educator)制度が発足し、実績を積んでいます。
医療は日々進歩しますので、CDEJとして認定された後も引き続き実践と研鑽を重ねて最新の知識・技能を身につける必要があります。このため、CDEJの認定制度は5年毎の更新制となっています。

2022/05/21

検査結果

2022年5月20日 (金曜日)の検査分。
PCRは精度が100%(精度は約90%ですので, 10%の見落としがあります。)ではないので、もし症状が続くようでしたら発熱外来に再診してくださいませ。
2423

2022/05/19

オンライン診療について

当院はオンライン診療を予定しております。
当院で初めての試みなので、まず、自費診療であるAGA/EDで受診の患者さんと睡眠時無呼吸症候群の患者さんを対象に考えております。
その後、需要に応じて栄養指導や対象疾患を広げていこうと考えています。
詳細は、後日当院ホームページに掲示いたします。

2022/05/17

5月週末のワクチン枠を増やしました

5月21、24、27、28日のワクチン接種枠を増やしました。

ご都合の合う方は是非ご利用くださいませ。
もちろん、6月に予約して5月に打ちたい方も予約変更可能です。

2022/04/25

サルコペニア フレイル


中原区という地域は年齢層が若く人口増加が起こっている地域です。
しかし、当院でも高齢患者さんが多数来院されます。
患者さんの名前を呼んで立ち上がるまでの時間や移動速度を見ながら、患者さんの今日の状態、筋力含めたADLの推定などを医師は観察しています。当院に入ったその瞬間に実は、患者さんの健康状態の観察が始まっているのです。
難聴と思っていなかったが、実は難聴だったとか、いつもの自分は変わりないから健康だと思いがちですが、事務員さんや看護師さん、医師は患者さんとの日常会話や動作を通して、何か変わった事がないか、何か助けになることはないかと考えながら診療にあたっています。


最近、なかはら内科クリニックでは、高齢者を対象にサルコペニア・フレイル評価のために握力計を導入いたしました。

そもそもサルコペニア?フレイル?ってなに??

サルコペニアとは
筋肉量が減少し、筋力や身体機能が低下している状態
です。
サルコペニアは、特に高齢者の身体機能障害や転倒のリスク因子になり得るとされています。

フレイルとは
加齢に伴い身体の予備能力が低下し、健康障害を起こしやすくなった状態
です。「虚弱」といわれる場合もあります。言い換えると、介護が必要になる前段階とも表現できます。



サルコペニアが筋肉量の減少にターゲットを置いているのに対して、フレイルの方が体重減少、倦怠感や活動度の低下などの項目が入っており日常生活動作(ADL)に主眼をおいた概念といえます。
話を握力計に戻しますと、
患者さんの筋力の衰えを数値化して、いかにサルコペニア・フレイルを回避するかに役立ちます。
もちろん診断基準に当てはまっている患者さんには適切な栄養指導と運動療法を指導します。


以下出典:日本内科学会雑誌109 巻10 号 p2162

2022/04/24

院長の協力した研究がパリで発表されます。

5月19日からパリで開催されるERA(European Renal Association:欧州腎臓病学会)の第59回総会で
院長が立案・運営した研究が発表されます。


無症候性(無症状の)糖尿病患者さんの腎機能と動脈硬化症の進展についての研究です。
早くコロナが落ち着いて、実際の海外学会会場に参加したいものです。。。

https://academic.oup.com/ndt/article/37/Supplement_3/gfac076.025/6577679?searchresult=1

https://www.era-online.org/en/paris2022/#top

2022/04/24

ギラファノコギリクワガタ

今日は時間があるので、もう一つ。
学生時代から生き物観察が大好きで、時として真剣に飼育しております。
今は子供の趣味に便乗して昆虫飼育をしています。
昨年、秋に全長が世界最長のクワガタであるギラファノコギリクワガタが産卵しました。
実は、クワガタはカブトムシより飼育しやすく、菌糸瓶というクワガタの餌となるカビが生えたコナラなどのくずの入ったところにクワガタを入れ、温度管理するだけなので、虫嫌いな家族がいても育てやすい昆虫なのです。
現在2ー3齢虫まで成長したので、かかりつけの患者ご家族や近所の方々にその後の成長を委ねました。
各ご家庭で、うまく育ちますように。



2022/04/24

ヘラクレスカブトムシ

子供の入学祝いで入手し、一度は幼虫は蛹まで育ちましたが、羽化失敗。。。
苦い経験に反省し研究を重ね、とうとう1.5年の歳月を費やし、ヘラクレスオオカブトが羽化しましたー!
オスとメスです。
繁殖予定ですが、もしお子様・お孫様に生き物の一生を経験させたいというご家族がおられましたら、
お声がけください。

2022/04/22

5月休診・代診のお知らせ

5月27日 金曜日 午前診療 休診

5月28日 土曜日 院長不在、 聖マリアンナ医大 循環器内科 准教授が代診を行います。
     また、第2診察室は従来通り関東労災病院 健診センター部長が担当いたします。


なお、
5月21日・28日は発熱外来は休診とさせていただきます。


ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

2022/04/16

診療報酬改定に伴う一部ご負担金額変更のお知らせ

2022年4月1日(金)、厚生労働省による診療報酬改定が施行されます。

当改定に伴い、患者様・受診者様におかれましては、これまでと同じ診療内容であっても、ご負担金額が異なる場合がございます。
ご理解ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

診療報酬改定の詳細は下記よりご覧ください。

●厚生労働省WEBサイト「令和4年度診療報酬改定について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411_00037.html


©医療法人社団ミネルバ なかはら内科クリニック