院長からのお知らせ

2020/11/10

11月27日の午後の診療時間変更のお知らせ

2020年11月27日(金)午後の診療時間は
16:30-18:30となります。

ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

2020/07/10

定期外来と発熱外来の診療時間時間のお知らせ:改定

<定期外来の患者さん,発熱・咳・腹痛・下痢などの風邪症状のない方>
午前の受付  9:00 〜 11:00
午後の受付  15:00 〜 17:30

土曜日の受付 9:00 〜 12:00

発熱、咳、関節痛や倦怠感が続く方は、以下の時間帯に受診していただくことをお願いします。

<発熱・咳・腹痛・下痢などの風邪症状のある方>
午前の受付  11:30〜
午後の受付  18:00〜

土曜日の受付 12 : 30〜

2020/11/20

季節性インフルエンザ流行期に向けた相談窓口の体制について

川崎市から季節性インフルエンザ流行期に向けた相談窓口の体制についてお知らせがございました。年末年始になり当院も休診となります。当院休診時に感冒症状で受診に対して不安になる患者さんも多いと思います。
受診の窓口やフローについて以下、ご参考にしてください。

https://www.city.kawasaki.jp/templates/press/350/0000122191.html

発熱などの症状のある方が、かかりつけ医での受診ができない場合に、診療可能な医療機関の予約を行う「発熱等診療予約センター」を神奈川県が、令和2年11月2日に新設します。このことに伴い、川崎市では、新型コロナウイルス感染症の疑いのある方からの相談窓口である「帰国者・接触者相談センター」を終了し、同じく運用中の「川崎市新型コロナウイルス感染症コールセンター」に相談窓口の体制を統一する変更を行います。引き続き、24時間体制で休日、夜間の急な相談にも対応していきます。

1 . かかりつけ医での受診ができない場合で、発熱・咳・咽頭痛のいずれかの症状のある方(新型コロナウイルス、インフルエンザなど)
発熱等診療予約センター(医療機関案内)【神奈川県運営】
電話番号:0570-048914 9:00~21:00(土・日曜、祝日も実施)

2 . 新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談のある方
川崎市新型コロナウイルス感染症コールセンター
電話番号:044-200-0730 24 時間対応(土・日曜、祝日も実施)

3 . かかりつけ医での受診ができない場合で、急な病気やけがのある方
救急医療情報センター(医療機関案内)
電話番号:044-739-1919 24 時間対応(土・日曜、祝日も実施)

2020/11/16

予防接種外来終了のお知らせ

インフルエンザワクチン在庫不足に伴い、
14:30−15:00の予防接種外来を終了いたします。
在庫が回復次第、定時外来で順次、実施する予定です。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020/11/15

発熱外来を受診するにあたって:サージカルマスクで来院してください。

最近、カジュアルなマスクを使用して発熱外来を受診する患者さんが多々見受けられます。
直近の神奈川県のコロナ陽性率は6-7%台(川崎市では10%程度)です。

https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1369/

当院の発熱外来受診するにあたり、患者間、患者−医療者間の感染予防の観点から、サージカルマスクでの来院をお願いしております。ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

https://www.mhlw.go.jp/content/000678572.pdf

2020/11/10

年末年始の休診予定

2020年12月29日(火)〜2020年1月4日(月)まで休診

となりますので,何卒宜しくお願い申し上げます。

2020/10/29

Medical Practiceに掲載されました。

内科医の読む雑誌Medical PracticeのOne Point Adviceに院長コメントが掲載されました.

・Medical Practice 2020年11月号(37巻11号):One Point Advice
詳しくはコチラ→

2020/09/30

予防接種外来のお知らせ

10月1日からインフルエンザワクチン接種が開始になります。
それに伴い混雑回避のために期間限定で予防接種外来を作りました。
予約制ではございませんのでご了解下さい。

通常の診察時間内でも接種は可能です!

*診察やお薬もご希望の方は
通常の診察時間に、お越しください。

<予防接種外来>
平日のみ 14:30-15:00

*ワクチン接種のみの患者様対象です。
*予約制ではございません。

2020/09/25

高齢者を対象とした定期のインフルエンザ予防接種

2020年10月1日からインフルエンザ予防接種が開始になります。


以下、川崎市からの情報転載です。

https://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000017625.html

令和2年度に限り、自己負担金2,300円が無料になりました。

高齢者を対象とした定期のインフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種とは

  • インフルエンザ予防接種は、インフルエンザ感染や発症そのものを完全には防御できませんが、重症化や合併症の発生を予防する効果が証明されています。予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5か月とされています。より効率的に有効性を高めるためには、毎年インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種を受けておくことが必要です。
  • 予防接種法に基づく高齢者を対象としたインフルエンザ予防接種は、接種を受ける法律上の義務はなく、本人が接種を希望する場合にのみ接種を受けることができます。

令和2年度高齢者インフルエンザちらし(PDF形式,305.20KB)

対象となる方

川崎市内にお住まいの方で、次の1または2にあてはまる方

1.満65歳以上の方
2.接種日に満60歳~65歳未満の方で
・心臓、腎臓、呼吸器の機能障害(障害1級程度)のある方
・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害(障害1級程度)のある方

  接種を受ける法律上の義務はありません。

実施期間と回数

令和2年10月1日から令和2年12月31日までの間に1回

接種を受けられる場所

川崎市予防接種個別協力医療機関

自己負担金: 無料

令和2年度に限り全額公費負担となります。

接種を受けるにあたって

 接種を希望される方は、接種を受ける前に川崎市予防接種個別協力医療機関に設置してあるインフルエンザ予防接種を受ける方へ(PDF形式,814.73KB)をお読みください。

  • 接種の際は、住所及び年齢を確認できるもの(健康保険証等)をお持ちください。
  • 接種を受けるご本人の正確な意思確認が難しい場合には、ご家族等によって本人の意思の有無を慎重に確認してください。最終的にご本人の接種意思の確認ができなかった場合には、予防接種法に基づく接種ではないため、助成対象になりません。
  • 接種にあたっては、予診票の「高齢者インフルエンザ予防接種希望書」への署名が必要になります。自署できない方は、ご家族の方と一緒に受診してください。

2020/09/14

鼻からの低血糖治療薬が処方可能となります。

低血糖治療薬として日本イーライリリーから救急治療薬「バクスミー点鼻粉末剤3mg」(一般名:グルカゴン)が10月2日から処方可能となります。
今までグルカゴン注射で対応していましたが、点鼻投与となり簡便な治療法となります。
インスリン治療を受けている患者で特に重症低血糖に対して有効な治療です。
詳細はこちら

http://dm-rg.net/news/2020/03/020317.html

https://www.diabetes.co.jp/consumer/usage-baqsimi

以下の状態ではその効果を得られません

飢餓状態、副腎機能低下症、頻発する低血糖、一部糖原病、肝硬変等の場合、血糖上昇効果はほとんど期待できません。また、アルコール性低血糖の場合には、血糖上昇効果はみられません。
→グルカゴンの血糖上昇作用は、主として肝グリコーゲンの分解によるので、飢餓状態、副腎機能低下症、頻発する低血糖、一部糖原病、肝硬変等の場合、血糖上昇効果はほとんど期待できません。また、アルコール性低血糖の場合には、血糖上昇効果はみられません。(日本イーライリリーから引用)

2020/08/06

夏季休診のお知らせ

2019年8月9日(日)〜8月16日(日)

休診とさせて頂きます。
ご不便をお掛け致しますが、

よろしくお願い致します。


©なかはら内科クリニック