高血圧

高血圧

血圧は、血液が血管を押すときの圧力のことです。いわゆる上の血圧というのは心臓が縮んでる時の圧で、収縮期血圧といいます。下の血圧というのは、心臓が広がっているときの圧で、拡張期血圧といいます。

高血圧とは

高血圧とは、上の血圧が140mmHG以上、下の血圧が90mmHG以上のいずれかがある場合に言います。国の調査によると日本で高血圧の患者さんは約4,300万人いるといわれており、そのうち約900万人の患者さんが診療を受けています。

高血圧をそのままにしておくと、血管の壁に圧力がかかり続けるとことで動脈が硬くなり(動脈硬化)、将来的に脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの血管の病気や腎臓の病気の原因となります。これらの病気は何の前触れもなく突然現れることもあり、命にかかわることもあります。

そのため、高血圧を早く見つけ、適切な治療をすることがこれらの重大な病気を防ぐための対策として重要となってきます。 日本人の高血圧の患者さんの約9割が本態性高血圧といわれており、治療として、食事や運動による治療・お薬による治療などがあります。

高血圧の治療薬

血圧のお薬は大きく分けて4種類あります。

カルシウム拮抗薬 血管を広げて血圧を下げます。
ARB・ACE阻害薬 血管を収縮させる体内物質の働きを抑えて血圧を下げます。
利尿剤 血管の中の余分な水分を減らして血圧を下げます。
ベータ遮断薬 心臓の過剰な運動を抑えて血圧を下げます。

※上記の4種類のお薬のどれを使うかは、その患者さんの状態にあったものを選ぶ必要があります。
※健康診断などで高血圧を指摘された方やご自宅で血圧を測ってみて高い方は早めに医療機関を受診してください。

関連記事

記事はありません。


©なかはら内科クリニック