循環器内科とは

循環器とは、心臓から血液が送り出されて体中の組織を巡る経路のことを言います。循環器内科では、心臓や血管が原因の疾患が主な診療の中心になります。

具体的には、狭心症、心筋梗塞、不整脈、弁膜症、心筋症などの心臓の病気 (心疾患)をはじめ、閉塞性動脈硬化症、動脈瘤、下肢静脈瘤などの血管の病気 (血管疾患) 、更にはその原因となる高血圧や脂質異常症(高コレステロール血症) 、睡眠時無呼吸症などの生活習慣に関わる疾病の診療など広い範囲の疾患を診療します。

これらの疾患が疑われる場合は、心電図、心臓超音波検査(心エコー)などの検査を行い、病気を診断、薬物療法や生活指導による治療を行います。


こんな症状はご相談ください(例)

  • 血圧が高い
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行あるいは運動時に胸が苦しくなり、休むと楽になる
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、強い鼓動を感じる)
  • 脈が乱れる、飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になったとき)
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(意識を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された
  • 寝ているとき呼吸が止まる
  • イビキがうるさい
  • コレステロールが高い

など

循環器内科で扱う主な疾患

  • 高血圧
  • 不整脈
  • 動脈硬化
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 狭心症、心筋梗塞
  • 心不全
  • 心臓弁膜症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 大動脈瘤
  • 睡眠時無呼吸症

など

循環器内科で行う主な検査

心電図検査

心臓の中で生じている微かな電気的変化を、時間を追って記録します。心臓の収縮・拡張が正常に行われているか、心臓の筋肉に酸素と栄養を供給している冠動脈の血流は円滑か、心筋に異常は無いか、などがわかります。
検査室へ急いで駆けつけるなど、肉体的運動を行った場合は、しばらく休んでから検査を受けてください。

胸部X線撮影

心臓をはじめ、肺や大動脈などの形や大きさを映し出します。心臓が拡大していないか、形はどうなっているか、肺の動脈や静脈は太いか細いか、途中でとぎれていないか、肺の内部に水が貯まっていないか、鬱血は無いか、大動脈はどのような状態か、などを確認します。

心エコー検査

心エコー検査とは、超音波を心臓に当て、返ってくるエコー(反射波)を画像に映し出し、心臓の様子を見る検査です。映し出された心臓の大きさや動き、弁の状態などを観察して診断を行います。放射線による被曝の心配が無いので、妊婦さんや乳幼児も安心して受けられます。心筋梗塞や心臓肥大、弁膜症などの疾患を確認することができます。

ホルター心電図

ホルター心電図は、日常生活のなかで小型・軽量な装置を身につけ、長時間にわたる心電図を記録・解析、観察する検査装置です。短時間の心電図検査などでは診断できない不整脈や冠攣縮性狭心症などの発見が可能です。

循環器内科で扱う代表的な疾患

狭心症
狭心症とは

心臓の冠動脈(心臓の上に冠のように載っており、心筋に酸素と栄養を供給している動脈)の血流が不足することで、心筋が酸素不足に陥る状態になるのが狭心症です。

冠動脈の血管が動脈硬化などの原因で狭くなると、心臓への血流が一時的に滞るために(狭心症を)発症します。それでも放置を続けると、やがて冠動脈が閉塞して心筋梗塞となりますので、狭心症の段階で、しっかりと治療しておかなくてはいけません。

症状について

狭心症の症状は、多くの場合「労作性狭心症」と言って労作時(体を動かした時)、つまり急ぎ足で歩いたり、階段や坂道を登ったりした時などに起こり、胸の中央部辺りが締めつけられる、あるいは何かを押しつけられているような圧迫感を覚えます。しかし、少し休めば治まってしまうのが特徴です。

痛みはしばしば左肩・腕や顎まで広がり、みぞおちに胃の痛みのようなものが感じられたり、息切れとして自覚されたりすることもあります。症状の持続時間は、数十秒から数分程度です。この症状が頻回になったり、持続時間が長くなったり、安静時にも出現するようになってきた場合は不安定狭心症といって心筋梗塞に移行している場合がありますので,すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

一方、「安静時狭心症」と言って、同じような症状が労作と関係無く出ることがあります。これは「冠攣縮(かんれんしゅく)」、つまり冠動脈が痙攣したように収縮してしまい、動脈硬化で細くなった時と同様の狭窄が一時的につくり出されて起きる現象です。

検査について

問診や聴診、心エコー検査、胸部X線検査、心電図検査など、数種類の検査を行います。
必要に応じて心臓CTやMRIを行い、実際の冠動脈の狭窄の具合を調べることもあります。

治療について

治療としては、動脈硬化が原因なので、それが進行しないように生活習慣の改善(食事療法や運動療法)を行います。高血圧・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病といった生活習慣病の治療に努めた後、狭心症の治療に用いられる薬物療法などが行われます。当院では高血圧、糖尿病の専門医が動脈硬化症の進行を抑えるように診療に当たります。

不整脈
不整脈とは

冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患などが原因で発生すると言われているのが不整脈で、これらの疾患の多くは心臓に起因する病気です。なお、甲状腺異常や肺に病気がある方も、不整脈になりやすい傾向にあるほか、心臓病などに関係がなくても、老化や体質的なもの、ストレスや睡眠不足、疲労などによっても不整脈は起こりやすくなります。

心臓は1日に約8〜10万回も拍動しており、心臓は時には規則正しくない電気信号により不規則な動きをすることもあります。したがって不整脈は誰にでも起こり得るのです。

症状について

不整脈の症状には、頻脈(早い脈:ドキドキとする動悸が感じられる。さらに脈が速まっていくと、心臓が全身に血液を送り出せない状態になり、吐き気や冷や汗、意識消失等の症状が出る)、徐脈(遅い脈:フラッとしたり、めまいがしたり、意識が無くなって卒倒したりします。徐脈状態が長い間続くと、動作時に息切れするようになる)、期外収縮(飛ぶ/抜ける脈:自覚症状を覚えないこともある。症状を覚える時は、脈が飛んだり、胸の周辺に不快感を覚えたり、胸が痛くなることも。これらの痛みは比較的狭い範囲で起こり、あまり持続しないで解消(数十秒以内)する)があります。

不整脈は常に自覚症状があるわけではなく、またそのほとんどは、あまり心配の無い一時的なものが多いです。ただ、なかには心停止につながるような怖いケースもあります。そのような不整脈の場合は、専門医による適切な診断と治療が不可欠です。

心房細動
心房細動とは

不整脈の一種でもある心房細動は、心房が痙攣を起こしたように細かく波打ち、心房の正しい収縮と拡張ができなくなった状態です。高齢者に多く、女性よりも、男性に多く見られます。

正常な心臓は、1分間に60~100回、規則的に拍動しています(安静時)。しかし、心房細動になると、心房の拍動数は1分間で300回以上にもなり、心臓は速く、そして不規則に拍動します。

心房細動は健康な方にも生じますが、高血圧や糖尿病、心筋梗塞・弁膜症などの心疾患や慢性肺疾患のある方が発症しやすく、またアルコールやカフェインの過剰摂取、睡眠不足、精神的ストレスがかかった時に起こりやすくなったりします。

主な症状としては、動悸、息切れ、めまい、胸苦しさなどが現れます。なお、人によっては全く症状が無いこともあります。また、血液が心房の中で固まりやすく、血栓ができやすい状態になります。この血栓が血流に乗って、脳の血管に達して詰まると、脳梗塞を引き起こします。この脳梗塞を、可能な限り予防することがとても重要です。

検査と治療について

検査については、心電図、ホルター心電図、心エコー、電気生理検査、各種画像検査などで診断します。

治療に関しては、心房細動による血栓の形成を防いで脳梗塞などを予防するために、抗凝固薬による治療を行います。また、心房細動を正常なリズムに戻し、心房細動に伴う症状を消失させ、心臓の収縮力の低下や脳梗塞などの合併症を防ぐために、抗不整脈薬を使用する場合もあります。

そのほか、電気的除細動(胸部の2ヶ所にパッチなどを張って通電し、心臓のリズムを正常に戻す治療)、カテーテルアブレーション(心房細動が生じないように、カテーテルを使って心房筋に熱を与え、焼灼してしまう治療)などが行われることがあります。

心臓弁膜症
心臓弁膜症とは

心臓内部は、上下左右4つの部屋に分かれており、上の部屋を(左および右)心房、下の部屋を(左および右)心室と呼びます。左右の心室から全身に血液を供給する大動脈、肺に血液を供給する肺動脈という血管がのびています。

この心房と心室の間と心室と動脈の間にある、扉のように開閉する構造物を「弁」と呼び、これらに狭窄や閉鎖不全などが見られる状態を心臓弁膜症と呼びます。心臓弁膜症は生まれつき先天的に形態的異常がある場合や、加齢変化、リウマチ熱の後遺症、動脈硬化、心筋梗塞などに伴って生じる場合があります。病気が進行して弁の機能が落ちると、次第に心臓に負担がかかるようになり、動悸、息切れ、疲労感、胸痛、呼吸困難などの症状が出てきます。

心臓弁膜症は、進行すると心筋全体の病気となります。このような状態では、いくら弁を交換しても心筋の障害は回復せず、心臓は元通りには働けなくなります。また、症状は少しずつ進行していくので、体の方が症状に慣れてしまい、自覚症状が現れないこともあります。心臓弁膜症が自然に治ることはないので、心筋障害が進行する前に治療を始めることが大切になります。

検査について

問診や聴診、心エコー検査、胸部X線検査、心電図検査など、数種類の検査を行います。これらの検査で、心臓のサイズ、筋肉の厚さや動き、弁の動きや逆流を観察して診断に役立てます。心臓弁膜症以外にも、心不全、心筋梗塞や心臓肥大などの疾患も確認できます。なお、放射線検査ではないので、被爆の心配もありません。

治療について

弁の構造異常そのものを治すには手術やカテーテル治療が必要となります。軽症のうちは心筋の収縮力を増強させる強心剤、心臓の負担を軽減する利尿剤、血液の流れを良くする血管拡張剤などによる薬物治療を行います。

薬物治療を行いながら、外科的手術(弁の悪い部分を修復する弁形成術や、弁を新しい弁に取り替える弁置換術)、また経カテーテル大動脈弁植え込み術: TAVI(カテーテルを用いて人工弁を患者様の心臓に留置する)や僧帽弁閉鎖不全症に対する低侵襲カテーテル治療: MitralClipの適切なタイミングを考えながら、慎重に経過を観察します。TAVIやMitralClipに関しては三井記念病院,聖マリアンナ医科大学,慶応大学附属病院などの基幹病院に御紹介差し上げます。

心筋症
心筋症とは

心筋症とは、心臓の筋肉(心筋)そのものの障害により、心臓の機能が次第に落ちてくる疾患です。心筋症は大きく二つに分けられ、心臓弁膜症や高血圧症などの特定の病気によって発症するものを「二次性心筋症」、原因がはっきりしないものを「特発性心筋症」と呼びます。特発性心筋症には、大きく分けて拡張型・肥大型・拘束型の三つのタイプがあります。それぞれに症状や経過が違い、治療法も異なってきます。

特発性心筋症の3つのタイプについて

特発性心筋症では、主に3つのタイプに分類されます。ひとつは、心室の壁が分厚くなり、内部が狭くなるタイプの「肥大型心筋症」。2つ目は心室が拡大し、心室の壁が薄くなるタイプの「拡張型心筋症」。3つ目が心室の壁は硬くなるものの、必ずしも厚くはならないタイプの「拘束型心筋症」です。その他、狭心症や心筋梗塞後に生じる虚血性心筋症や糖尿病性心筋症などがあります。

症状について

病気が進行して心臓の機能が落ちると、息切れ、倦怠感、むくみなどの心不全症状が現れ、また障害された心筋からは不整脈が生じやすくなるため、動悸や失神を起こしたり、突然死につながったりすることも少なからずあります。

健診などで心電図異常、心臓の雑音、胸部X線検査で異常を指摘された時は、心筋症の可能性もありますので、必ず精密検査を受けるようにしてください。

検査について

問診や聴診、心エコー検査、胸部X線検査、心電図検査など、数種類の検査を行います。
必要に応じて心臓CTやMRIを行い、心臓の筋肉の性状を評価します。必要に応じてカテーテルを用いて心筋生検を行い確定診断を行います。

治療について

治療法は、心筋症の種類や症状によって異なります。二次性心筋症の場合は、原因となった病気を治療すれば、低下した心臓の動きをある程度回復させることが期待できます。

これに対して一部の特発性心筋症や、原因となった病気を治療した後も心臓の動きが回復しない二次性心筋症は、これまで有効な治療法が無く、予後が良くありませんでした。

しかし最近は治療法が進歩し、心筋保護薬(ACE-I、β遮断薬)の使用や植え込み型除細動器の併用によって、生存期間は大きく延びています。心筋症が疑われた場合には必ず専門医による検査を受け、心筋症と診断されたなら、厳重な管理と治療を継続的に受けるようにしてください。

クリニック概要

なかはら内科クリニック

〒211-0041 川崎市中原区下小田中3丁目30番地3号

電話番号:044-797-5556

診療科目:内科、糖尿病代謝内科、循環器内科

アクセス:JR南武線「武蔵中原駅」より徒歩12分
     約1500歩(1.2km)

診療時間 日・祝
9:00~12:00
15:00~18:30

▲:9:00~13:00 休診日:木曜日・日曜日・祝日